なみのりすと

人生の波にのって、楽しく生きるライフログ。

ブログ記事をどう書くか、文章構成に悩んだら「プレップ法」が超シンプルでおすすめです

今回は、ブログ記事をどうやって書いたらいいか、文章構成で悩んでいるなら「プレップ法」が超シンプルでおすすめですよ、という話です。

 

 

プレップ法とは

f:id:ka28-dec:20191017171457j:plain

 

プレップ法とは分かりやすい文章を作るためのフォーマットのひとつです。

  • Point = 主張
  • Reason = 理由
  • Example = 具体例
  • Point = 主張の繰り返し

以上、4つの頭文字をとってプレップ(PREP)法と呼ばれています。

とってもシンプルですよね。

 

おすすめする理由

この「極限までシンプルな文章構成であること」が、プレップ法をおすすめする理由のひとつです。

 

例えば、 

  • TOEICで高得点を目指すなら「語彙力」が重要です。(主張
  • なぜなら、単語の意味がわからなければ答えを導き出せない問題があるからです。(理由
  • 例えば、「milk」→「dairy products」などの言い換え表現は知らなければ正解できません。(具体例
  • したがって、TOEICで高得点を目指すなら「語彙力」を強化しましょう。(主張

 

こんな風に「主張」と「理由」さえハッキリさせれば、簡単に文章の骨子を作ることができてしまいます

あとは詳細を肉付けしていくだけで、記事が1つ完成しますね。

 

それともうひとつ。プレップ法の良い点は、「読者にとっても何が書いてあるか伝わりやすい」ということです。

 

タイトルに「〇〇する方法とは」とか「〇〇な理由」とあっても、その主張がどこに書いてあるのか分からない文章では読者も迷ってしまいますよね。

ですがプレップ法なら、最初に主張が書かれているので「読者に対して何を伝えたいか」がハッキリしています

もちろんその先を読んでもらえるかはその「主張」次第ですが、「何を言いたいのかよくわからない」と思われるよりは良いのではないでしょうか。

 

使ってみよう

プレップ法はとてもシンプルで、使いやすい文章構成のフォーマットです。

ちなみにこの記事の文章も、プレップ法を意識して構成をしています。伝わりやすい文章になっていたでしょうか。

 

もちろんただの日記ブログであれば、無理やりプレップ法を使う必要はないでしょう。

しかし、ノウハウやオピニオン系のブログであればぜひ一度、このプレップ法を意識しながら記事作成してみてはいかがでしょうか。